フィリピンはご存知の通り俗にいう発展途上国で、”危険、汚い、臭い”の3拍子が揃った盗難アジア最恐の国という位置づけです。

日本人が世界一殺される国。

また、犯罪者の逃亡先としても人気NO.1というアンダーグラウンドなイメージも強烈にあります。

しかし、なぜそんな頼まれても行きたくないようなキナ臭い環境が揃っているに日本人男性は身を滅ぼすようにのめり込んで行くのでしょうか?

それは魅惑の南国美女の存在です。

g2


スラリと伸びた長い脚、ジーンズの似合い過ぎるツンと上がったヒップ、彫の深いパッチリ二重の目。

フィリピーナを知ってしまうと途端に日本人女性はビジュアル的に色褪せてしまいますよね!?

ところで、日本人はKTVやビキニバーへ行くと大変モテます。

殿様気分で大変気持ちが良いです。

しかし、それはアナタ自信ではなく、あなたのジャパンマネーがチヤホヤされるということは今更知らない人はいないでしょう。

よく「俺KTVのA子とエッチしたぜ」とか自慢話をする奴がいますが、正直アホかと思いますね。

大体そんな奴はその後、ガンガン課金されケツの毛までむしられ地獄を見ます。

では、魅惑のフィリピーナをゲットするためには一体どうしたら良いのでしょうか?

出来れば水商売のプロ女性ではなく「素人のフィリピーナにモテる」ということが一番大きな課題となります。

今回はフィリピーナにモテる男の条件として薄毛へのコンプレックスについて触れて行きたいと思います。

男の3大コンプレックスといえば「ハゲ・デブ・チビ」。

しかし、薄毛野郎でもカワイイ彼女や綺麗な奥さんがいる奴は世の中にいます。

海外にはハゲでカッコいい俳優いますよね?

でもそういう奴は背が超高くてマッチョでハゲが逆に似合うような頭の形をしていたり、顔が半端なくカッチョよかったり、もともとハゲというネガティブさに負けない物凄いアドバンテージがあったりします。

ハゲでもモテるというのは不可能ではありません。

しかし、ハゲの問題は自分に自信がなくなるということです。

特に、女性の股間に顔をうずめた体制では男性の頭頂部が丸見えだと言います。

なかなか濡れてくれないなと思ったら、彼女が自分の頭頂部を見ていたというオチも聞いたことがあります。

やはり「薄毛だとモテない」という心理は男性にとって濃厚にあり、女性に薄い部分を気付かれたくないという思いは消えません。

海外で日本人男性がモテない理由はが外見や脚の短さだけじゃなく、自信の無さです。

自分から相手を楽しませて周りを自分のペースに巻き込むようなことが出来る人は「ハゲ・デブ・チビ」でもモテると思います。

本当に深く愛されるにはパッと見の外見よりもむしろ中身の存在感の方が重要だというのは皆知っています。

しかし、薄毛だけど俺って絶対モテると心の底から思える人が一体どれくらいいるでしょうか?

いくらハゲは関係ないとか、ハゲでもモテてる奴はいるという説明を受けても、簡単にハゲへの劣等感は消えないでしょう。

ハゲが問題なのではなく、「薄毛だから俺はきっとダサいと思われる」と思う自己否定および恐怖感が最もフィリピーナとの恋愛を阻みます。

だから、できればハゲは克服してから勝負に出た方がいいと思います。

フィリピン人気ブロガーのモトボサツさん推奨の毛生えスプレー「ミノキシジル6%配合」の「Regrow」は日本では販売されていない製品です。


参照元:モトボサツさんの記事より

私の友人が試して効果抜群だったというのでかなり気になっています。

基本的に日本のドラッグストアで販売されている育毛剤は「ミノキシジル5%」という制限があり、一番売れている「リアップ」でもミノキシジルの配合率はやはり5%です。

ミノキシジルが6%配合でしかもリアップの1/3の値段。

効果が出る人は1カ月で実感するそうです。

詳細はこちらの記事です

ジャパニーズヘルプデスクのセブドクターズホスピタル本部で販売されているそうなので、ぜひ髪の毛で自分への自信を武装したい人はアプローチしてみてください。



ぜひ応援ポチよろしくお願いします!!
にほんブログ村 大人の生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村